病院紹介

院長挨拶

院長 与儀洋和

2017年に中部協同病院が30周年を迎えた時、記念誌と同時に資料集を発行しようと考えていました。この30年間のデータをできるだけ集めて今後の医療活動や経営活動に生かしたいと考え、新病院建設の専任として採用された与那修氏を中心に多くの職員の協力を得て、この年報集は完成しました。

2006年に古巣の中部協同病院に戻った時、沖縄医療生協の3病院が比較できるように沖縄協同病院と同じ様式で月報を発行することにしました。このことが、今回、年報集をまとめる際に大きく役立ったと思います。

私たちの医療活動や経営活動の実践は、分析と模索と決断の連続であるといえます。

決断の基礎となるのは、私たちの置かれている全体像を把握することです。よく言われているように全体像を把握するためには虫の目(現場の把握)、鳥の目(他院所との比較)、魚の目(過去から将来への変化把握・予想)が必要です。この年報集は、鳥の目や魚の目の視点で分析するうえで大きな力を発揮してくれると期待しています。

中部協同病院は1987年4月に開院しましたが、当初は借入金返済で大きな利息等の影響もあり、なかなか黒字化することができませんでした。2008年以降は地域での役割として亜急性期医療を担うことを明確にしたことにより、黒字基調にすることができました。その後の黒字化が新病院建設の原動力になったと思います。

新病院を建設する際に考えたことは、現状の医療活動に必要な面積にするのではなく、将来の医療活動の変化に対応できるように大きく作ること。感染対策や入院のしやすさなども考えて個室を多くしたことなどである。(個室料金は徴収なし)奇しくも、新病院オープンの月に中国で新型コロナ感染症が発生し、その対策に追われるようになりましたが、個室が多いことは院内感染対策上大いに役立っています。また、将来の発展を見据えて作った7階フロアは現在、ワクチン接種会場として活用しています。

「発熱難民」や「肺炎難民」を出さないとの基本スタンスでコビッド外来を充実させて診察やPCR検査などを早期に行い、新型コロナ感染症に対する不安感をもっている地域の皆さんの要望に応えていきたいと考えています。そして地域に望まれる病院を目指して医療活動を行っていきたいと思います。

与儀 洋和

病院概要

病院紹介

管理者 与儀 洋和(よぎ ひろかず)
開設者 沖縄医療生活協同組合(昭和49年6月15日指令第113号)
許可病床数 114床
【6階地域包括ケア病棟:34】 【5階地域包括ケア病棟:34】
【4階一般病床:30 地域包括ケア入院医療管理:16】
住所 〒904-2153 沖縄県沖縄市美里1丁目31番15号
施設基準 一般病棟入院基本料 10:1 地域包括ケア病棟Ⅰ
服薬指導 脳血管疾患等リハビリテーションⅠ 
呼吸器リハビリテーションⅠ 運動器リハビリテーションⅠ
標榜診療科 内科・外科・小児科・整形外科・呼吸器内科
消化器内科・循環器内科・歯科
リハビリテーション科・リウマチ科・心臓内科
婦人科・泌尿器科・脳神経外科
特殊施設 健診科 (特定健診・事業所健診・人間ドック)
専門外来 高血圧 糖尿病 リウマチ 心臓血管外科 乳房外来
介護保険関連事業 通所リハビリテーション事業所 居宅介護支援事業所
外来休診 土曜日の午後 日曜祝祭日 年末年始 旧盆(ウークイ)
敷地・延床面積 敷地面積36,200㎡・延床面積19,611㎡
駐車場 病院周辺
送迎バス 巡回無料
送迎バス 通所リハビリ送迎バス
■月曜日:石川・具志川コース ■水曜日:石川・知花コース ■金曜日:石川・具志川コース

フロア案内

7階 居宅介護支援事業所、訪問看護ステーションなないろ、新型コロナワクチン接種会場
6階 地域包括ケア病棟(34床)
5階 地域包括ケア病棟(34床)
4階 一般病棟(30床)、地域包括ケア病棟(16床)
3階 薬局、会議室(小・中)、講堂、面談室、応接室、図書室、総務課、医局、院長室、総師長室
2階 リハビリ室、物療室、人工透析室、栄養管理室、手術室
1階 外来、COVID外来、放射線室、検査室、内視鏡室、健診室、歯科、医療事務、地域連携室、設備室、売店、飲食コーナー

中部協同病院理念

『医療・福祉』宣言

中部協同病院は、沖縄医療協同組合の出資と地域の皆様の協力で1987年に『わったー病院』として開設し、『ひとりびとりはみんなのために、みんなはひとりびとりのために』と支え合う心と思いやりの心を大切にして活動してきました。
これからも組合員や地域の皆様に信頼され、利用しやすい病院をめざします。

私たちの理念

  • ひとりびとりの『いのちと暮らし』が本当に大切にされる社会をめざし、医療制度や社会保障を充実させるために運動を広げます。
  • 患者様や利用者の基本的人権を守り、高齢者にやさしい病院をめざします。
  • 患者様が納得し、安心して医療が受けられるようにカルテ開示し、十分な説明を行います。
  • 患者様と一緒に病気に向きあう『共同の医療』を行います。
  • 差額ベッド料(室料・部屋代)は徴収しません。

医療技術の向上

  • 医療の安全性を常に心がけ、医療事故の予防活動を重視します。
  • 新しい医学に学び、絶えず知識と技術を高めます。

職員の姿勢

  • あいさつを積極的に行い、明るい笑顔で患者様や利用者に接します。
  • 職種間の連携を大切にして、民主的な医療活動を行います。

患者様・組合員・地域の皆様とともに

  • 病気の予防活動や健康づくりを、組合員や地域の皆様、行政機関と連携してすすめます。
  • 地域で安心して暮らせるように、介護と福祉が充実した『明るい街づくり』にとりくみます。
  • 患者様、組合員、地域の皆様とともに、病院の経営を守り、医療活動を前進させます

環境整備

  • 患者様のプライバシーが守られる環境づくりにつとめ、患者様の心がいやされる病棟環境をつくります。
  • 平和・自然・文化

平和・自然・文化

  • 人間のいのちを奪う戦争政策に反対し、積極的に平和運動に参加します。
  • 沖縄の豊かな自然を守り、文化と伝統芸能を大切にします。

以上、宣言します。
2001年4月

医療福祉生協の理念

健康をつくる。平和をつくる。いのち輝く社会をつくる。

そのために
地域まるごと健康づくりをすすめます。
地域住民と医療や福祉の専門家が協同します。
多くのひとびとの参加で、地域に協同の"わ"をひろげます。
私たち医療福祉生協は、日本医療福祉生活協同組合連合会の設立趣意書をもとに、憲法25条(生存権)や9条(平和主義)、13条(幸福追求権)が活きる社会の実現をめざします。

私たちの使命は、地域まるごと健康づくりをすすめることです。

○私たちは、医療や福祉の事業、健康づくりやまちづくりの運動を通じて、平和や社会保障の充実を求める運動や環境へのとりくみをまちぐるみで総合的に進めます。

私たちは、地域住民と医療や福祉の専門家が協同する組織です。

○私たちの組織の最大の特徴は、ともに組合員として生協を担う地域住民と医療や福祉を担う専門職がそれぞれ主体者として協力しあうことにあります。その優位性を事業と運動の全ての場面で活かすことを大切にします。

私たちは、多くのひとびとの参加で、地域に協同の"わ"をひろげます。

○私たちは、ICA原則にある「コミュニティへの関与」をもとに、地域の中に協同の"わ"を広げることを重視し、国際連帯の活動にとりくみます。

2013年6月7日
日本医療福祉生活協同組合連合会 第3回通常総会にて確定

「医療福祉生協のいのちの章典」全文

はじめに

日本生活協同組合連合会医療部会は「医療生協の患者の権利章典」「医療生協の介護」を策定し、事業と運動の質を高めてきました。これらの活動を引きつぎ、2010年日本医療福祉生活協同組合連合会(医療福祉生協連)が発足しました。医療福祉生協は、いのちとくらしを守り健康をはぐくむ事業と運動を大きく広げるため、これらの成果を踏まえ、医療福祉生協連の設立趣意書の内容を基本にして 「医療福祉生協のいのちの章典」(いのちの章典)を策定します。 「いのちの章典」は、憲法をもとに人権が尊重される社会と社会保障の充実をめざす、私たちの権利と責任を明らかにしたものです。

医療福祉生協とは

医療福祉生協は、地域のひとびとが、それぞれの健康と生活にかかわる問題を持ちよる消費生活協同組合法にもとづく自治的組織です。医療機関・介護事業所などを所有・運営し、ともに組合員として生協を担う住民と職員の協同によって、問題を解決するための事業と運動を行います。

医療福祉生協が大切にする価値と健康観

私たちは、近代市民社会の大原則であり、日本国憲法の基本理念である主権在民の立場にたちます。私たちは、憲法13条の幸福追求権や9条の平和主義、25条の生存権を実現するため、主権在民の健康分野の具体化である健康の自己主権を確立します。  私たちが大切にする健康観は「昨日よりも今日が、さらに明日がより一層意欲的に生きられる。そうしたことを可能にするため、自分を変え、社会に働きかける。みんなが協力しあって楽しく明るく積極的に生きる」というものです。  私たちは、この価値と健康観にもとづき、医療・介護・健康づくりの事業と運動をすすめ、地域まるごと健康づくりをめざします。

いのちとくらしを守り健康をはぐくむための権利と責任

ともに組合員として生協を担う私たち地域住民と職員には、いのちとくらしを守り健康をはぐくむために、以下の権利と責任があります。

<自己決定に関する権利>

私たちは、知る権利、学習権をもとに自己決定を行います。

<自己情報コントロールに関する権利>

私たちは、個人情報が保護されると同時に、本人の同意のもとに適切に利用することができるようにします。

<安全・安心な医療・介護に関する権利>

私たちは、安全・安心を最優先にし、そのための配慮やしくみづくりを行います。

<アクセスに関する権利>

私たちは、必要な時に十分な医療・介護のサービスを受けられるように社会保障制度を改善し、健康にくらすことのできるまちづくりを行います。

<参加と協同>

私たちは、主体的にいのちとくらしを守り健康をはぐくむ活動に参加し、協同を強めてこれらの権利を発展させます。

2013年6月7日 日本医療福祉生活協同組合連合会 第3回通常総会にて確定

医療の質と活動の実態調査・改善事業について

当院では、より質の高い医療・公衆衛生の向上のため、私達が行っている医療の内容を客観的に評価しながら、さらに改善させてゆくことが大事だと考えております。  そこで、当院では研究機関と協力して、お受けになった入院および外来診療に関するデータを完全に匿名化した状態で収集して客観的に分析し、医療や施設運営の質を一層向上させることをめざしております。

研究参加と既存情報の提供についての情報公開

■試料・情報の利用目的及び利用方法、他の機関へ提供方法

匿名化された診療報酬データ(DPCデータ)を、医療の質と活動の実態調査を行い公衆衛生の向上に与する目的に、暗号化通信による電子的送付あるいは追跡可能な宅配等により、京都大学へ提供する

■利用し、又は提供する試料・情報の項目

厚生労働省により規定され作成されたDPCデータ(年齢・性別、病名、手術・処置・薬剤等の種類、外来受診回数、入院期間、医療費など)

■利用する者の範囲

「医療の質と経済性に関する実態調査」を実施する研究者 研究責任者:京都大学大学院医学研究科医療経済学分野教授 今中雄一 研究実施体制は研究責任者によるホームページをご参照ください

http://med-econ.umin.ac.jp/disc/

本件にご質問・ご意見がございます場合には、ご遠慮なくお問い合わせください。
沖縄医療生活協同組合 中部協同病院
総務課 我那覇 且敏
Tel:098-938-8828(代表) Fax:098-939-5859